太田廣
  • HOME > 
  • 太田廣研究室 > 
  • NBRとCNR耐油性比較編

太田廣研究室

NBRとCNRの耐油性を比較してみた!!
1 NBRとCNR1 NBRとCNR2
NBRとCNRの各サイズ2tx100x100の2枚ずつ使用します。

1ヵ月間作動油を用いて浸漬試験を行い、耐油性の違いを検証。 厚み・幅・引っ張り強度・表面変化を調査します。
次の手順
3 NBRとCNR3 9/3 浸漬試験開始
次の手順
2 NBRとCNR4 NBRとCNR5
9/10 第一回浸漬結果確認

厚み・幅・引っ張り強度・表面の変化を検証した。

結果1
次の手順
3 NBRとCNR6 NBRとCNR7
9/19 第二回浸漬結果確認


結果2
次の手順
4 NBRとCNR8 NBRとCNR9
9/29 第三回浸漬結果確認


結果3
次の手順
5 NBRとCNR10 NBRとCNR11
浸漬実験前の物と比べると、浸漬実験後の物の方が若干縮んでいることがわかります。

【研究結果】
NBR・CNRともに硬化し縮むことが分かり、CNRの方が試験前より硬くなりました。今回の結果から、過酷な状況下以外はNBRからCNRに代用できることと、あまりないと思いますが、作動油などに浸かるような環境にあればCNRの方が多少硬化しやすいことを頭に入れて商品説明していく必要があるのかと思います。1ヵ月の試験で大きな違いはでませんでしたので、今後継続して行います。
  • 太義廣(上海)HP
  • 採用情報
  • 環境への取組み
  • 取り扱いメーカー
  • 知識の泉
  • 名古屋市認定エコ事業所
  • 太田廣野球部
  • 太田廣研究室