太田廣
  • HOME > 
  • 太田廣研究室 > 
  • 滑りベルト編

太田廣研究室

滑りベルト
1 滑りベルト1 一見、同じ様に見えるベルトですが、この2つは表面樹脂カバーの摩擦係数が違います。
左側 M6423・・・摩擦係数 0.3 (標準ベルト)
右側 M8418・・・摩擦係数 0.2 (滑りベルト)
次の手順
2 滑りベルト2 ベルトの上で段ボール箱(1㎏)をはじいて、飛距離を測ります。
0.3と0.2。この差0.1は、どれくらいの違いなのでしょうか!?
次の手順
3 滑りベルト3 M6423 標準的なベルト
1回目・・・・・418㎜
2回目・・・・・492㎜
3回目・・・・・451㎜
4回目・・・・・464㎜
5回目・・・・・501㎜
次の手順
4 滑りベルト4 M8418 滑りベルト
1回目・・・・・1077㎜
2回目・・・・・1115㎜
3回目・・・・・1208㎜
4回目・・・・・1217㎜
5回目・・・・・1109㎜
次の手順
5 滑りベルト5 結果は歴然。滑りベルトは、よく滑ります。
ベルトは、搬送するだけでなく、ベルト上での整列や横からの搬送物の投入など、滑りが必要な場合があります。
用途に合わせたベルトの選定が、ベルトに余分な負荷を与えずに済みそうです。
  • 太義廣(上海)HP
  • 採用情報
  • 環境への取組み
  • 取り扱いメーカー
  • 知識の泉
  • 名古屋市認定エコ事業所
  • 太田廣野球部
  • 太田廣研究室