太田廣
  • HOME > 
  • 太田廣研究室 > 
  • 立体駐車場編

太田廣研究室

上海で何を造っているか、研究してみよう!
1 立体駐車場1 立体駐車場2
ビルなどを造る鉄骨のH鋼を長さに応じてカットします。 メッキ鋼板を、タレパン加工した後、ベンダーで曲げて、ボルト止めして、チェーンボックスの完成です。
次の手順
2 立体駐車場3 立体駐車場4
スプロケットも作っています。ホブカッターで、歯切りをしている所です。 スプロケットやベアリングをシャフトに組み付けて、駆動軸を作ります。
次の手順
3 立体駐車場5 立体駐車場6
駆動軸が、完成しました。 先のH鋼に、ベース板等を溶接して、柱と梁を作ります。
次の手順
4 立体駐車場7 立体駐車場8
完成した柱や梁に、溶融亜鉛メッキを施します。メッキ槽の温度は430℃!!(熱~い!) 他にも、いろいろな部品がありますよ!もちろん、これはほんの一部です!
次の手順
5 立体駐車場9 立体駐車場10
日本製マイクロメーターを使って、しっかり検査もしています。 メッキの厚みも検査しています。ドイツ製ですので、ご安心を!
次の手順
6 立体駐車場11 立体駐車場12
検査機器は、いろいろ取り揃えています。 それでは、梱包・積み込みをして、日本へ向けて出発!
次の手順
7 立体駐車場13 立体駐車場14
立体駐車場の完成です!!!もしかしたら、みなさんの家の駐車場は、太義広製かも・・・?
  • 太義廣(上海)HP
  • 採用情報
  • 環境への取組み
  • 取り扱いメーカー
  • 知識の泉
  • 名古屋市認定エコ事業所
  • 太田廣野球部
  • 太田廣研究室